HOME > 技術・設備 > 製粉工程

製粉工程

原料調達

原料米の多くは提携のJAや地元の農家から集められます。
安全な製品をつくるため、原料から徹底した品質管理を進めています。

精米

お米をごはんとして食べるときと同様に精米します。

洗米

精白米の表面に微量に付着している米糠や不純物を洗い流す作業です。
色や匂いなど、製品の仕上がりを左右する重要な作業です。

浸漬・酵素処理

米の中心部まで吸水させて米粒を軟化させるとともに、
酵素を加えて細胞間物質を分解し、
丸みを帯びた米粉になるよう処理します。

水切り

水分を含んだお米から、遠心脱水機によって脱水します。
サラサラの米粉に仕上げるために重要な作業です。

粉砕

高速回転する気流粉砕機に大量の空気とともに米を送り込み、
空気渦流の中で発熱を抑えながら瞬時に微細な米粉に粉砕します。

袋詰

乾燥され異物除去装置を通過した米粉をホッパーに貯め、
一定量ずつ計量しながら袋に詰めてシールする
製粉工場での最終工程です。

出荷

このように製品はすべて安全に生産されて出荷。
お客様のお手元に向けて送り出します。

Copyright© 新潟製粉株式会社